‘75年からロックを聴いてるが、ドクターフィールグッドを知ったのは結構遅くて、‘87年になってからだ。

当時ワイマンズを結成したばかりで、練習をいつも一宮でしていたが、帰りにエバーグリーンという輸入盤屋によく寄っていた。

ある時、色々物色していたら、白黒の地味なジャケットのLPを見つけた。
でも、そのジャケットに何かすごく惹かれるものを感じて、裏ジャケを見ると、ブーンブーンとかテキーラと書いてある。当然即買いだ。
……もう、お分かりでしょう、ダウンバイザジェッティーです。
当然、即ノックアウトされ、その日のうちにフィールグッドは、俺のフェバリットアーティストになってしまった。

これは非常に幸福な出会いだったと思う。
もし、ウィルコ脱退以降のアルバムを最初に買っていたら、こんなに好きにならなかったと思う。

フィールグッドを知らない人には、いつも必ず言う、とにかく身銭を切ってダウンバイザジェッティーを買えと。とにかく俺が責任を持つからと……

自分の好きなバンドを誇張してるわけではない。
あの感動をたくさんの人に伝えたいだけなんやわ。