坂巻めぐみはロックの優等生だ。
なぜならば…

まずメロディーがいい、さらに歌詞もいい。
つまり、いい歌を作るという事。
そして、歌ってる内容は、変態のオンパレードだ。

次に歌とギターが下手な事(まあ私よりは上手いが…)。
これは優れたロックを語る上で避けて通れない重要なポイントだ。

風貌が浅川マキに似てる所も心憎い。


そんな坂巻めぐみを中心に結成されたバンドがミレマだ。

このバンドは音楽に対する実験的精神に満ち溢れてる。
それもプログレ的アプローチではなく、常にパンク的アプローチな所が素晴らしい。
ライブの途中でギタリストがドラマーと入れ替わるわ、ヘンテコな楽器を持ち込むわ、玩具のラッパを鳴らすわ、もうむっちゃくちゃだ。
こんなバンドだったら、やっとる方も楽しいんだろうなと思う。

先日のライブで発表された新曲「麦茶」が凄い。
あまりの格好よさに、正直ジェラシーを感じてしまった。


とにかく完璧!
ロックバンドとして、ほぼ理想形に近い。
超おすすめです。

たぶん友達じゃなくても、ファンになっていたと思う。