今日は月初めの日曜日なので、例によってスカパー無料開放デイ。
プリテンダーズのライブを見た。

いやあ、やっぱりかっこええわ~。
クリッシーハインドって、若い頃からほとんど変わっとらんね。

プリテンダーズの一番の魅力って、素っ気無いくらいにあっさりした、あの感じやと思う。

ライブの中で、客席を映した場面があったが、たくさんの人が眉間にしわを寄せたまま笑ってる。それはテレビを見ている俺の表情と一緒だった。
要するに、切なくて胸を掻きむしられるように、「くわぁ~っ」となっとるのだ。

ロックが好きな人には、わかってもらえると思うが、ロックは意外な程ストイックな音楽だ(そうでないのも、確かに多いが…)。

例えば、ジョン、キンクス、ジャム、マフスと並べてみると分かりやすいと思う。
歌詞、メロディー、歌い方……全てにおいて、突き放したような、面倒見の良くない感じがする。
つまり、言わぬが花って事がよく分かってるのだ。
「ここまでは、歌うけど、あとはお前ら自分で考えろ」って言っとるみたいだ。
だからこそ、より切なくて深くなるんだろうなあ。

クリッシーハインド、かなり妙齢になってきたけど、相変わらずええ女やね。
こんな女がおったら、付き合っても構わんよ。