4d215c98.jpg元祖パブロックバンド、ブリンズリーシュウォーツの大傑作アルバム「シルバーピストル」


パブロックというと、フィールグッドのイメージが大きい為に、ブリティッシュビート直系のストレートなロック&ロールを連想しがちだが、どちらかと言えば、アメリカンロックっぽいバンドが多い。
元々、パブロックって、音楽のジャンルよりも、大きい会場で出来ないバンドがパブ等でライブをやっていたムーブメントみたいな物だからね。

このメンバーの名前をバンド名にしたブリンズリーシュウォーツも、やはりアメリカっぽい音作り(ザ・バンドに近いかな?)をしている。

私はイギリスっぽい音が好きなんだが、ブリンズリーシュウォーツは例外だ。
特に、このシルバーピストルは、名曲揃いで大好きだ。
A面の流れなど、ほんとに完璧だと思う。

A面の流れが完璧なアルバムって、名盤が多いよね。
ヴァンモリソンのムーンダンス、チープトリックやテレビジョンのファーストやったり……

よく考えたら、みんな70年代のアルバムやね。
50年代に誕生したロック&ロールが60年代に大変革を起こし、70年代に完成した……って、上手くまとめてみたけど、結局そういう事じゃないかな。
80年代以降、そんなに目立った進化が無いのも、なんとなく分かるような気がするね。


ともあれブリンズリーシュウォーツ……活動当時は、あまり評価されてなかったみたいだが(…というか、本や解説を読むと、散々酷評されとったみたいやけど…)、ニックロウ、イアンゴム等、そうそうたるメンバーが在籍してた事で、再評価されるようになった。

シルバーピストル/ブリンズリーシュウォーツ……ほんと、いい曲ばっか入ってます。
僕はナイチンゲールとラストタイムアイワズフールドが特に好きです。