4f967f73.jpgビートルズで一番好きなアルバムは?って聞かれて、ラバーソウルかなあ、それともリボルバーかなとか、俺はアビーロードかな、でもホワイトアルバムもいいし…いやいや、フォーセールこそがビートルズやろ…だったら、やっぱりプリーズプリーズミーこそ原点やろとか…
こんな会話を数え切れんくらいしてきた人も多いんじゃないでしょうか?

でも、よく考えたら、それってイギリス盤の話だよね。

そこで、このキャピトルから出とるアメリカ盤なんですわ。
…て言っとる私も、実はこれを買ったのは40近くなってからなんですわ(笑)。

何がいいかって事やけど、ストーンズで言うとこの12×5やナウあたりの感じ……つまりロック&ロールのイメージがプンプンしとるあの感じ?マネーのギターなんか、そこらへんのガレージバンドより、よっぽどいかれとるしね。
サンキューガール、のっぽのサリー、アイコールユアネイムも入っとるし…
それに何より!アイルゲットユー!!
ビートルズで最後に聞いたのは、ジインナーライトでもユーノウマイネームでもなくて、この曲やったりするんですわ。

でも、やっぱりアルバム全体に感じられる、この感じかな?


なお写真の右下のキャスターマイルドは、アナログ盤だと言いたいが為に比較用に写しました(笑)。